難治性症状を治すには?

熱海市出身の50歳の男性、田中さんは、2000年10月10日に当院に来訪されました。患者さんは、左股間と左太ももが3ヶ月以上麻痺していると訴えました。西洋医学をたくさん服用していたため、痛みが止まることがありました。2ヶ月間自作の薬用ワインを飲んだ後、痛みは和らぎました。 。昨日の前日、硬いベンチに長時間座っていたため、痛みがひどくなり、耐えられず、休む時間がなく、横になれませんでした。

歩くのが難しく、つまずきました。

  1週間の当院でのフォローアップ治療の後、患者は薬を服用してから100〜10歩杖を持って歩くことができ、痛みが和らぎ、喜びは言葉では言い表せません!効果が良くない場合は、再診治療を行い5回の治療を続け、最終的に杖・スティックを放棄して普通の人として歩きました。半年後の再来院後、再発はありませんでした。

  ノート

  坐骨神経痛は、坐骨神経の経路と分布の痛みを特徴とする症候群です。坐骨神経痛は主に腰痛のない片側性であり、痛みは通常持続しますが、一時的な場合もあります。痛みは主に坐骨神経の分布領域、太ももの後ろ、ふくらはぎの後外側、足に限定されています。激しい痛みのある患者は独特の姿勢をとることができます;腰を曲げ、膝を曲げます曲がって、つま先が地面にあります。病変が神経根にある場合、脊柱管内の圧力の上昇(咳、運動)によって痛みが悪化します。この疾患は原発性が低く、主に腰椎椎間板ヘルニアと腰椎骨関節症に続発し、腰仙椎の先天性変形にいくつか見られます。治療西洋医学は一般的に治療のために理学療法と組み合わせた薬を使用します。薬の治療には鎮痛剤、神経栄養薬、神経腫脹薬が含まれます。

  坐骨神経痛は、伝統的な漢方の関節痛のカテゴリーに属し、外因性の風冷、湿熱病原体、および人体の営気の欠如に関連しています。風、寒さ、湿気などの邪悪な気は、人体に侵入しやすく、体の気が弱いと病気を引き起こす可能性があります。風に濡れたり、湿地に座って横になったり、水に浸かったり、雨が降ったりすると、風、寒さ、湿気などの邪悪な気が体の経絡に侵入し、筋肉、腱、関節にとどまる可能性があります。風、寒さ、湿気の3つの気が混ざり合い、それらが組み合わさって病を形成します。

  

坐骨神経痛や腰痛、そして椎間板ヘルニアと経験し、年も60歳を超えたころから、脊柱管狭窄症と、いつまでも痛みやしびれから解放されないとお嘆きの貴殿に朗報かもしれません。

一度当院の治療を受けられ改善を図りましょう。

当院院長は東京都内で長年神経痛や痛みしびれの改善に尽力と尽くしてまいりました。

この症状にはこの施術法、これこれのパターンの病状にはこれこれと、数えきれないほどの有効例をあげてきました。

もちろん、尽力しても回復しないものもそれはあります。

日本は中国と違い、鍼灸など民間辺縁医学には関心を寄せない傾向があります。

いままで病院による投薬治療→接骨院→などを繰り返しあまり改善が図られなかった場合、鍼灸を試してみましょう。

整体という看板もあちこちでみかけます。20年前は各流派があり、そこの弟子出身というある程度の信用のようなものがありまして、いまとは全然違います。

急激に回復しても、数日でまたもとに戻ることもありますので再診をしてください。

重症な神経痛は週に数回必要です。関節痛も週に2回は実施することもあります。