老眼のための中国鍼灸

老眼のための眼鍼治療
老眼に効く目のツボ 主なツボ:目のツボ2、4、8、承泣、太陽、残照、風池、耳鳴。 サポートポイント:肝兪、腎兪、太衝、光明、鞠の后。
加齢に伴い、水晶体の調節力が生理的に衰え、近見視力が低下する現象で、一般に老眼と呼ばれています。 老眼は、40~45歳以降に起こる生理的な老化現象で、年齢、体格、性別、仕事内容、目の屈折状態などが関係します。

水晶体は、加齢とともに徐々に硬くなり、弾力性や可塑性が失われていきます。 毛様体筋の収縮も低下するため、目の調節力が徐々に弱まり、近点が徐々に遠ざかり、老眼になります。

老眼は、遠方からの平行光にはまだうまく順応して網膜にピントを合わせることができますが、近くの物体から発せられる放射線の調節に頼って網膜に結像させることができないため、近距離での作業や読書に支障をきたすようになるのです。

老眼の視覚障害は主に近見で、小さな文字が見えにくい、無意識に本を遠ざける、よく見るために頭を後ろに傾けるといったことから始まります。 王騎の作用が限界に近づくと、調整疲労が発生し、主に頭痛、めまい、目の腫れ、かゆみなどの視覚疲労の症状が現れます。

老齢と虚弱、肝臓と腎臓の本質が徐々に崩壊、または労働zhanzhanはビジョン、陰と血の暗い枯渇を排出し、陰の本質が不足している、ヤンと一致しないので、光の目が外側に送信することができますが、近くを参照して収束することができません。

老眼の鍼灸治療 I

主なツボ:目のツボ2、4、8、承泣、太陽、残照、風池、耳鳴。 サポートポイント:肝・腎・太衝・輝・球の女王。

毎回主なツボを選び、40分間保定する。 目の第2ゾーンと第4ゾーンは眼窩縁に沿って部材の皮下側に斜めに刺し、第8ゾーンは眼窩縁に沿って側頭縁の皮下側に斜めに刺し、0.5インチの針で目に入る。 眼球に入るときは、まず指で眼球を外側に固定し、眼窩縁に近い0.5~1インチを垂直に刺す。 肝・腎・太衝を0.5寸、輝を1寸、玉を1寸、眼窩縁のすぐ後ろに刺し、針が入った後、目を閉じ、座るか仰向けに寝てもらいます。

40~60分ほど針を刺し続け、20~30分に一度、針を行う。その間、常に患者の状態を観察し、患者の家族にも付き添ってもらう。

操作間隔:1日1回、10回で1クール。

治療法:肝腎両虚、遠方明視、近方霞視、体に明らかな不調なし、または長眼で目やにが出る、めまいや耳鳴り、腰や膝の痛み、口や喉の乾燥、舌苔の少ない紅色、脈の細い人。

老眼の鍼灸治療 II

主なツボ:目のツボ2、8、承泣、太陽、残照、風池、耳鳴。 随伴点:腎兪、陰兪、膠艾、扶余、太溪、沢瀉。

瀉法で毎回主なツボを選び、40分間保定する。 ゾーン2では眼窩縁に沿って鼻側に、ゾーン8では眼窩縁に沿って側頭皮下側に斜めに刺入する。 まず眼球を指を外側にして固定し、眼窩縁に近い0.5~1インチを垂直に突き刺す。 腎臓と太白は0.5寸、鶯と膠は1寸、扶余と沢瀉は1寸で直接刺すのである。

針を刺したまま40~60分ほど放置し、その間、患者さんのご家族には目を離さないようにお願いしています。

操作間隔:1日1回、10回で1クール。

治療法:熱を伴う腎虚:遠くがよく見え、近くがかすむ。腰や膝の痛みと脱力感、めまいや耳鳴り、不眠や夢精を伴う。体のやせ、ほてりや寝汗、五臓の過敏、尿黄色で便の乾燥、舌赤で液が少なく、脈は細い。

老眼の鍼灸治療 III

主なツボ:目のツボ5、6、7、承泣、太陽、残照、風池、耳鳴。 サポートポイント:脾兪、少海、神門、白妃、奇海。

毎回主なツボを選び、40分間保定する。 目の5ゾーンは眼窩縁に沿って鼻側に斜めに刺し、6、7ゾーンは眼窩縁に沿って皮膚の側頭側に斜めに刺し、0.5インチのミリ針で目の奥に刺す。 まず、指を外側にして眼球を固定し、眼窩の縁にすぐ0.5~1インチ垂直に刺す。 針を刺した後は目を閉じ、座るか仰向けになるように指示されます。

針を刺したまま40~60分ほど放置し、その間、患者さんのご家族には目を離さないようにお願いしています。

操作間隔:1日1回、10回で1クール。

治療:気血両虚:遠くがはっきり見える、近くがぼんやり見える、視力が鈍い、全身も顔が華やいでいない、動悸がする、めまいや不眠、息切れや疲労、食欲不振、白い毛のある薄い舌、脈が細くて弱い。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA