産後性腰痛症

産後の腰痛とは、妊娠した女性が出産後に腰痛を経験する状態を指します。

この症状は、最初に「諸病源候論」に記載されました。産後の腰痛の原因や治療は内科的な腰痛とは異なるため、後の医家たちが専門的な論文を記述しました。

【鑑別】

一般的な証候:

  1. 腎虛血虚型の産後腰痛:産後の腰痛は持続的で、足のすねや膝がだるく、ひどい場合は足のかかとも痛むことがあります。頭がめまいし、耳鳴りがすることもあります。手足のしびれ感もあり、舌は淡く、脈は沈んで細いです。
  2. 寒湿阻絡型の産後腰痛:産後の腰痛は寒冷な気候に悪化し、腰や腹部が冷えます。四肢の関節が痛くなることもあります。舌は淡くて腫れており、舌苔は白くて滑らかです。脈は沈んで遅いです。
  3. 血瘀型の産後腰痛:産後の腰痛は針で刺されるような鋭い痛みがあり、特定の場所に痛みがありますが、動いた後は少し楽になることもあります。舌は暗く、脈は弦で引っかかっています。

【鑑別分析】

腎虛血虚型の産後腰痛:多くは出産時に腎気を労傷し、脈絡を損傷し、過剰な出血によって腎虚血虚になります。腰は腎の居場所であり、腎虚は腰痛を引き起こします。足のすねや膝がだるく、ひどい場合は足のかかとも痛み、頭がめまいし、耳鳴りがするなどの症状も見られます。治療には腎気を補い、六味地黄湯に杜仲、牛膝、クコの実を加えることが適切です。腎陽虛の場合は寒さを恐れ、四肢が冷えている、尿が多くて長い、便が緩いなどの症状がある場合、腎陽を温めることが適切であり、右歸丸や青娥丸を使用します。腎陰虛の場合は、五心煩熱、潮熱、盗汗、のどの渇き、尿が赤く、便秘などの症状がある場合、腎陰を補うことが適切であり、左歸丸を使用します。

寒湿阻絡型の産後腰痛と血瘀型の産後腰痛:前者は、産後に気血不足と寒湿の邪気が虚弱な体を侵し、邪気が経絡を阻害することにより引き起こされます。後者は、産後の悪露が少なく、瘀血が腰部に流れ込んで血液が経絡を詰まらせるか、身体の動きが不注意で腰部を挫傷し、気血の流れが阻害されることにより引き起こされます。寒湿阻絡型の産後腰痛は、明確な寒湿阻絡の特徴があります。腰身が冷たく重く、転身が困難で、寒冷な気候に悪化し、四肢の関節が痛むことがあります。血瘀型の産後腰痛では、瘀血が残っているという特徴があります。腰痛は針で刺されるようで、特定の場所に痛みがありますが、動いた後は少し楽になります。治療には風を祛り寒湿を散らし、陽を温め湿を利し、甘草乾姜茯苓白朮湯または独活寄生湯などを使用します。血瘀型の場合は、活血化瘀し、身痛逐瘀湯や五香連翹湯などを使用します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA