ごあいさつ

自律神経失調症・不眠症・うつ病・坐骨神経痛の鍼灸院

銀座天泉院のHP御覧いただきありがとうございます。

かれこれ開業20年経過し、人々の訴える病状も大きくかわりました。

始めた当初2000年度初めは、単純な整形的疾患さえおさえていればほぼ満足度の得られるものが多かったと思います。

近年、震災以降は首からの上のご病状(例:うつ病・不眠症・めまい・耳鳴り・難聴・動悸etc)

が爆発的に増加している状況です。しかも深刻なものが本当に増えています。

 

弊院ではどのようなことをしているのかこれからご説明してまいります。

 

 

IMG_20210424_095532.jpg

 

 

◎直近3か月の往診事案一例

 

*脊柱管狭窄症でヨチヨチ歩きしかできず、歩いていると足がしびれる、長い時間あるけないので往診を(中野区・男性70代)

*坐骨神経痛が右臀部からふくらはぎの外側に、じんじん、ズキズキときて重い感覚がある、きのう硬膜外麻酔したがあまり改善しない・・・(中央区・女性50代)

*ふわふわするような感じがあり、医院受診、投薬治療を受けたが、改善しない、鍼灸で改善するか・・・(三鷹市・女性60代)

*不眠症が6年続いて、眠剤をずっと常用している、腰痛もあり右足にしびれがきている・・・(町田市・女性60代)

*動悸がする、頭痛と吐き気、めまいや耳鳴り(ジーンとした音がする)、腰痛もある、あちこち調子悪い、早急に・・・(男性50代)

*3年ほど前に椎間板ヘルニアを患い、それから完治しない、右足に夜間ズキズキと間欠的に左足に神経痛がきている、漢方薬も眠くなるだけであまり効いたとも思えない。腰痛もある・・・(渋谷区・男性40代)

*70代後半になる母に治療を受けさせたいが、通院が難しい、付き添いも遠方の院だと交通費も二重にかかるし苦痛・・・(大田区・依頼者40代女性)

 

上記の症状はすべて鍼灸の適応症で解決できます!

 

 

◎銀座天泉院の特徴

 1.トリガーポイント深層筋療法を専門的に行うことで、外科的に手術が必要な腰痛、あるいは自律神経の不調も直接アプローチすることで早期に症状回復。

(外科的に手術が必要な病状が回復しているということは、鍼灸は最小限の外科的な自然療法といえる)、痛みの原因をブロックするので「鍼灸ブロック療法」ともいえる。

 

            20170102181255220177_20fda316e54d13e90895700ebaec485c.jpg

当院代表は、上記書籍が刊行された当時1996年、いち早くその効果に着目しました。

 

2.中国の病院で外来患者1日数百人を治療した実績があり、内科的な疾患、自律神経の問題、整形的な疾患についても鍼灸で的確な治療ができる。

 

3.在宅にて施術ができることで、通院途上の不意のできごとを心配する必要がない。遠方で来訪が難しいなどに多数利用されている。

4.ディスポーザブルの高品質の鍼を用いることでほぼ無痛で実施できる。

IMG_20210405_120907.jpg

年間使用本数7万3千本

 

 

5.鍼灸・マッサージの適応症は非常に広く、外科的に手術するしかないといわれていた腰痛や手腕のしびれ、あるいはうつ病やのどの違和感なども早期に解決できることが多々ある。

6.20年以上、坐骨神経痛(表面化した症状)から不妊症(表面化してない症状)まで幅広く治療の経験がある。

主要経穴に処置、配穴することで全身の不調が勝手に回復していく。

7.トリガーポイント深層筋療法を長年蓄積した結果、書籍を2冊刊行しており、現在も売れ続けています。

IMG_20210408_133004.jpg IMG_20210408_133023.jpg IMG_20160604_143654.jpg
脊柱管狭窄症の9割は自分で治せる 2016年刊行 坐骨神経痛は手術なしで治る 2010年刊行 渋谷の書店で平置きされた実績があります!

  

 

IMG_20210417_151122.jpg IMG_20210417_151024.jpg IMG_20210417_151015.jpg
ゴルフ雑誌 ALBAにて門間信之・鍼師が紹介されました。 内容:代表選手に著名トレーナー、医師がついています。 下肢痛が4回ほどで沈静化したと記されてありました。船橋整形の下

 

 

                学会報告 

 

2021-04-14 (3).png
所属学会に症例報告いたしました。2001年度

 

 

2021-04-24.png
2004年の学術大会に報告しました。

 

 ご利用者様のお声

 

 

当該ご利用者の症状

大学病院にて腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛(腰痛下肢痛)と診断される。

整体、各種療法を受ける、整形外科にて治療を受けるも改善しないのでネットをみて当方に連絡をいただく。

拝見したところ、頸部から腰椎にかけ、姿勢の変位が確認できた。

門間式の姿勢調整、手技を実施後、全身の鍼灸治療を実施。

 

合計16回にて症状消失。略治とした。

元上場企業の監査役の奥様が患者様となります。

 

進学を前に腰痛で動けなくなる。

大学病院にて椎間板ヘルニアに伴う下肢への激痛がある。

坐骨神経痛が右足。腰椎4・5間に圧痛。杖がないと歩けない状況。

門間式の腰下肢への鍼灸処置、頚椎から腰椎への姿勢の調整手技を10回ほど行うことで症状完全に消失。

 

進学には間に合った。