史上最高水準の東洋医学の体験

welcome!

鎮痛専門はりきゅう治療・がん・痺れ・難病専門のはりきゅう治療は当院へお問い合わせを

内科系

内科系の疾患は自律神経の調整を整えることで回復することが頻繁にあります。

整形外科系

あらゆる西洋医療にて効果を感じられなかった場合もお試しください。腰痛や脊柱管狭窄症を重点処置しております。

心療内科系

自律神経の乱れ・交感神経・副交感神経の乱れ・あるいはストレス過多により反応として心療内科を受診する患者も増加中。

副院長紹介

肩こりや腰痛など定番の症状

足腰の痛みやしびれは当院へ

田中雄一郎

鍼灸施術歴30年

北京中医薬大学・付属医院鍼灸科を歴任

東洋医学会・日本鍼灸学会

月曜日
9:00 AM – 5:00 PM
火曜日
9:00 AM – 5:00 PM
水曜日
9:00 AM – 5:00 PM
木曜日
クローズ
金曜日
9:00 AM – 5:00 PM
土曜日
9:00 AM – 5:00 PM
日曜日
9:00 AM – 5:00 PM

神経痛の症状はほぼコントロール可能

脈診は、症状の進行と予後を推測するために臨床的に使用できます。臨床的には、主に脈診の時間、患者の体位、術者の指使いと指の強さ、各脈を押す時間(片側50脈以上)を習得することです。古代中国医学で病気の診断に使用される脈診は、伝統的な中国医学の「四診」(視、臭、問、触)の1つである独特の鑑別方法であり、症候群の鑑別と施術に不可欠な客観的な基礎です。

漢方医学による神経痛とは

漢方(中国)における神経痛は、主にエビデンスに基づいたものによって達成され、神経痛のどの部分を判断し、同時にその随伴症状にも目を向ける必要がある。 例えば、坐骨神経痛は漢方でいう麻痺の部類に属し、寒湿、湿熱、腎虚、瘀血の4種類に分けられ、寒湿であれば甘・姜・苓・朮湯を加減し、湿熱であれば四妙薬を用い、瘀血であれば痛血散及湯を用いる。 腎虚で背部痛の場合は、左桂枝湯または右桂枝湯で治療する。 肋間神経痛の場合は難産に属する。 肝鬱気滞が原因の場合は、柴胡加竜骨牡蛎湯を服用します。 肝・胆の湿熱タイプには竜胆瀉肝薬を。 血の滞りによる経絡の閉塞には海扶子湯丸。

漢方における神経痛の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

恵比寿堂気功鍼灸院 主任 董文進

伝統的な中国医学では、神経痛を次のように施術します。

1. マッサージ。マッサージは患部の血行を促進し、患部の筋肉を弛緩させ、痛みを和らげます。

2. 鍼治療。内関や豊池などの関連するツボに鍼灸をすると、神経痛を効果的に和らげることができます。

3.漢方薬。神経に栄養を与え、血行を促進し、うっ血を取り除き、血行を促進する働きのある漢方薬を服用することで治療できますが、具体的には専門家の指導の下で行う必要があります。

神経痛の施術中は、普段から心をリラックスさせ、過度の精神的ストレスを避け、楽しい気分を保ち、興奮や怒りを避けることが必要です。

神経性疼痛にはどのように施術しますか?

神経障害性疼痛は、温灸・電気針などがおすすめ。

神経障害性疼痛、すなわち、どのような刺激であれ、神経が過剰に興奮し、主観的な感覚である痛みが生じる。 痛みはそれ自体が病気というわけではなく、末梢神経や中枢神経、特定の部位の神経など、何らかの好ましくない刺激を受けた後の神経系の反応を表す信号である。 痛みは一種の防御であり、ある部位に好ましくない刺激や病的変化があることを患者に伝える信号である。 患者の病因、部位、診断、治療を決定するために、疼痛の部位、性質、優先順位によって、神経痛は以下のカテゴリーに分類される。

1.不安や抑うつ状態の患者は、神経障害性疼痛を経験し、また、主症状の発現が不明な原因不明の疼痛も経験する。 2.頭痛、神経痛、癌の初期段階における体の一部の不快感など、器質的疾患による痛み。

3.身体化障害による狭心症、胃腸痛などの症状。 このように、痛みは非常に複雑な内容を表す信号である。 病因、性質、部位、神経原性症状、徴候の観点から判断することによってのみ、正しい結論を導き出すことができる。 正しい結論を導き出してこそ、的を絞った科学的な治療計画が立てられ、良い結果を得ることができるのである。

施術の流れは次の通り

①問診します。しっかり原因を探求します。

触診や望診にてわかることは多いものです。

②うつ伏せで鍼治療を行います。

経穴と経穴をつないで電気鍼とします。

③仰向けで2回目の処置をします。

東洋医学では陰陽(背中と腹側)を施術することは常識です。

お問い合わせは下記をご利用ください。

現在、ご新規様のお問い合わせ予約に関しましてはオンラインメールからとなります。

News & Information

PAGE TOP